2017年07月08日

アメとムチ

指導.jpg


こんばんは、イシザカです。


 
人を指導する時には、

「アメとムチ」を

使い分ける必要があります。



たとえば、あなたに

新しい部下や後輩がついた時に、

いきなり怒鳴って

ムチを与えてはいけません。



最初に厳しい事をしてしまうと

部下は怖がってしまい不快になるので

あなたに反発するか

怖気付いてしまうのです。



そんな状態では、

これからの関係性が

酷いものになってしまいます。



そうではなくて、

新しい付き合いをする時には

「アメ」を与えてあげるのです。



ちょっとくらいのことなら、

許容して許してあげるのがいいでしょう。




ただその一方で、親しい関係性が

築けている部下や後輩が

トラブルを起こした際には、

「ムチ」を与えるのがいいですね。



ある程度の関係性が築けていると、

「ちょっとくらいサボっても大丈夫だろう」

と、ナメるようになるからです。



なので、

関係性が築けている人には

ちゃんとムチを

打っていく必要があります。



このように、状況に合わせて、

アメとムチを使い分けていくことで

人心を掴むことが

できるようになるのです。




人の心を掴むには、

状況判断をして

その場での対応が大切になってきます。



これが、

私がお勧めする人心掌握術です。



本日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました。
 
posted by イシザカ at 21:40| Comment(0) | ブログマガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。