2017年01月31日

確定申告で、これ忘れてない?

こんばんは、イシザカです。



いよいよ、

確定申告の時期がやってきましたね。



年間の給与所得が2000万円以下の場合、

または給与を貰う先が1ヵ所に限られていて

給与以外の所得はない場合などを除いて、

個人事業主や所得控除以上の雑所得のある

人は確定申告を行う必要があります。



年が明けて間もないうちに

申告期間となるので、

年末年始には源泉徴収票や領収書、

必要書類の用意や整理に取りかかる人も

いるのではないでしょうか。



既定の税金を納めるのは当然ですが、

さまざまな控除があり、

正しく申告をすれば

その分が減額になったり、

還付されたりもします。



しかし、

ほとんどの控除は納税者の側から

きちんと申告をしないと

受けることができません。



仕組みを正しく理解して、

上手に賢く確定申告をしましょう。



一年の間に、

自分や生計をともにする家族が

支払った医療費は、

一定金額の所得控除を

受けることができます。



これが医療費控除です。



控除対象となる金額は、

医療費の支払いのうち、

10万円もしくはその年の総所得金額などが

200万円未満の人は総所得金額等5%の

金額を差し引いた分です。



年内にある程度以上

医療費を使った覚えがある場合は、

忘れずに申告しましょう。



もちろん、そのためには領収書など、

医療費の支出を証明する書類を

きちんと保存しておく必要があります。



ちなみにサラリーマンの場合は、

上記のように給与所得が

2000万円以下の方以外は

会社で年末調整をしてくれますが、

それでも医療費の控除はあります。



ある程度以上の

医療費を使っている場合には、

下記の書類が会社から渡されます。



その書類は

「給与所得者の保険料控除申告書 兼

給与所得者の配偶者特別控除申告書」

という用紙になります。



必要項目を記入し、

それを証明する書類とともに提出すれば、

年末調整にその内容が

反映されることになります。



また、2017年1月1日から

「セルフメディケーション税制」という

制度が始まりました。



今までの医療費控除より簡単で

安価な薬を買った場合にも、

総所得金額から控除が受けられるという

制度です。



医療費控除との併用はできませんが、

こちらも活用したいものです。



控除といえば、最近特に注目されている

「ふるさと納税」も忘れてはいけません。



「納税」の名は付いていますが、

正確には地方自治体への「寄付」です。



しかし、

一定額までは所得税・住民税から

控除されるため、

納税先を自分で選んでいるような

制度になります。



地方活性化の一つとして

後押しされています。



何といっても人気の秘密は

各自治体が地域の名産品を

中心に取り揃えている、

「納税」額に応じて送られてくる

「お礼品」の数々です。



2015年からは控除額の上限が

引き上げられたこともあって、

2015年度のふるさと納税の受入総額は

前年度の約4.3倍、

約1653億円にまで急上昇しています。



もちろん、ふるさと納税分を

きちんと所得税・住民税から

控除してもらうためには、

原則的には確定申告が必要です。



もともと確定申告が必要ない

サラリーマンなどの場合は、

ふるさと納税を行う自治体が

5つ以下なら申告が不要となる

制度もあります。



その制度は、

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」

といいます。



ただ、

この場合もふるさと納税先の自治体に、

マイナンバーなどを記載した申請書を

提出する必要があります。



しかもこの申請書の提出期限は

確定申告よりも早い、

ふるさと納税を行った翌年の

1月10日までなので、注意してください。



他にも、

所得金額から差し引かれる控除(所得控除)

税金そのものから引かれる控除(税額控除)

にはさまざまな種類があります。



それらの詳しい内容については、

国税庁のホームページにも

書かれているので、

申告書類を作成する際には

前もって確認してみてはいかがでしょうか。



本日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました。
posted by イシザカ at 23:30| Comment(0) | メルマガのバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今一番稼げる副業は?

こんばんは、イシザカです。



あなたは、何かしらの

副業をしていますか?



2017年1月17日、

ソフトウエア開発のサイボウズが

「副業として働きたい人を募集する」

と発表して話題になりました。



右肩上がりの給料が

必ずしも望めない昨今、

自分の力で収入を得ようと

副業を始める人が増えています。



「お金を貯めるだけでなく、

副業で稼いでみたい」と

あなたも思ったことが

あるかもしれませんね。



ここ数年では、

社員に副業を認める会社も増加傾向にあり、

追い風になっているともいえます。



しかし、副業といっても種類は数多く、

どのようなものを選べばいいのか

迷ってしまいますよね。



そこで今回は、数ある副業の中で、

初心者向けのものを選んでみました。



副業を決める際のコツなども紹介します。



・ネットショップ

ネットショップを作成して、

商品を販売する副業です。



ネットショップを作るといっても、

最近ではテンプレートが用意され、

完全無料で利用できるサービスも

出てきています。



売りたい商品がすでにある方、

いつかはショップを開きたいと

考えている方には、

夢の第一歩としてチャレンジしてみても

よさそうです。



・ネットオークション、フリマアプリ

着なくなった洋服などを

ネットオークションに出品した

経験はありませんか。



その延長で、

より儲けを意識しておこなうビジネスが

「転売」です。



「安く仕入れて高く売る」という

お金の流れが分かりやすいため、

副業初心者にも人気があります。



また、最近では出品登録から販売まで

スマホだけで完結する「フリマアプリ」が

特に人気です。



オークションとは違い、

値段を自分で決められ、

値引きやセット販売も

自由にできる手軽さがウケています。



ちなみに、

中古ショップなどで見つけた

レアな古本やゲームなどを

高値で売ることを「せどり」と言います。



月9ドラマ

「ビブリア古書堂の事件手帖」に登場した

「せどり屋」を覚えている人もいるのでは?



・アフィリエイト

アフィリエイトは、SNSやブログに

商品やサービスのバナー広告を張り、

そこを経由して売り上げがあった場合に

報酬が入るという「成功報酬型広告」です。



広告がクリックされるだけで

報酬がもらえるやり方もあります。



・クラウドソーシングサイト

サイト上から希望する仕事の

マッチングを行ってくれる

クラウドソーシングサイトです。



ライティングや簡単な事務作業のほか、

デザインなど多くの仕事を

見つけることができます。



基本的にはパソコンで完結する業務が多く、

空き時間を利用して

自分の都合で取り組めるのもポイントです。



・株式投資

株式投資には値上がり益や配当などの

直接的な利益も期待できますし、

株主優待というおまけもあります。



何より、他の副業との大きな違いとしては

世の中のニュースや経済に

自然と関心を持つようになります。



保有する銘柄の商品やサービスに

詳しくなったりして、

これまで知らなかった世界が

広がっていく楽しさを

感じることができることです。



この先、

いざ本格的な資産運用を

始めようというときにも、

実際に自分で取引した経験が

生きるはずです。



運用で身につけた知識や経験は、

自分にとって大きな価値と

なることでしょう。



はじめから大きなお金を

投資することに対して不安を感じる方は、

「ミニ株」や「プチ株」があります。



「ミニ株」や「プチ株」は

通常よりも少ない金額で

取引ができるものから試してみるのも

よいかもしれません。



NISA(少額投資非課税制度)など

おトクな制度の活用も

ぜひ検討してみてください。



稼げるオススメ副業を5つ紹介しました。



取り組みやすさや、

成果の出しやすさを選んでみましたが、

副業をするにあたっては

「稼げる」ことだけが

重要なのではありません。



本業のサブとしておこなうのですから、

副業に充てられる時間なども

考慮することが大切です。



また、どの副業にも

メリット・デメリットがあります。



副業を成功させるには、

それらを総合的に考えたうえで、

あなたに合うものを見つけることが

最も重要といえるでしょう。



さらに、

本業への差し障りや

競合が起きないかといった配慮も必要です。



これらの点に気を付けながら、

楽しみながら稼げる副業を見つけましょう!



本日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました。
posted by イシザカ at 22:30| Comment(0) | メルマガのバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

「不動産投資なんて怖い」家族に言われたら

こんばんは、イシザカです。



あなたは、

マンションやアパート経営といった

不動産投資を考えたことが

ありますでしょうか?



マンションやアパートの

オーナーから聞く話に、

「始める前に家族からの賛成が

なかなか得られなかった」

というものがあります。



不動産投資は他の金融商品に比べると

投資総額が大きくなりがちで、

多額のお金を金融機関から借りて

長期間に渡って返済するケースが

ほとんどです。



もし失敗すれば、物件を売却しても

負債が残る可能性があります。



不動産投資で成功するためには、

さまざまな「同意」を取り付ける

必要があると言われています。



特に「家族の同意」と

「金融機関の同意」は必須です。



今回は「家族の同意」について

考えてみます。



「金融機関の審査はすぐに取れたけれど、

奥さんの了解を取り付けるまでに

膨大な時間と労力を費やした」という

オーナーの事例があります。



不動産投資をしようと思った理由が、

自分が死んだり働けなくなったりして

給与がもらえなくなっても、

家族が困らないようにするためでした。



団体信用生命保険に入るので、

死んだ場合はローンの残債は

すべて保険で支払われる上に、

毎月の家賃収入は

そのまま継続して入ります。



もしそれが気に入らなければ

土地も建物も売却して

換金できることを説明して、

ようやく許可が下りたそうです。



それでは一体どのようにすれば、

不動産投資について家族から

理解を得やすくなるのでしょうか。



1.投資目的を明確にする

この不動産投資は誰のためなのか、

何のためなのかをしっかりと伝えましょう。



「子どもたちの将来のための資金作り」

「年金代わり」など、

家族で目的を共有することが重要です。



多くのオーナーは、

将来に備えて不動産投資に取り組みます。



決断したのも、「遊ぶためのお金が

欲しかったからではなく、

家族のためなのだ」ということを伝え、

家族で同じ方向を向くことが大切です。



2.一緒に物件を探し、勉強する

同じ方向を向くだけでなく、

一緒に不動産投資に

取り組むようにしましょう。



勝手に決めて

事後報告するようなやり方では、

協力を得ることは難しいかもしれません。



ぜひ家族で一緒に物件を探し、

セミナーなどにも参加して

勉強してください。



そうすることで不動産投資や

あなたの考えに対する理解が

深まるはずです。



一般的に「投資」と聞くと、

「ギャンブル」のような

イメージを持つ人が少なくないようです。



特に投資経験のない人ほど

その傾向が高いかもしれません。



しかし、不動産投資はどの投資よりも

経営に近いことをご存じでしょうか。



長期のローンを組み、

毎月受け取る一定の家賃収入から、

ローンを返済し、

資産を獲得するための事業であることを

理解してもらいましょう。



今回は「不動産投資なんて怖い」と

家族に言われた時の対処方法について

考えてみました。



不動産投資は家族のための

大事な資産形成の手段です。



家族全員の理解と協力のもとに

進めていくことが一番望ましい形です。



家族と相談しながら、

将来のための準備を進めてみては

いかがでしょうか。



本日も最後まで読んで下さり

ありがとうございました。
posted by イシザカ at 22:30| Comment(0) | メルマガのバックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする